定期預金の大きな特徴って一体なんでしょうか。

定期預金の特徴

定期預金の大きな特徴はなんといっても「元本が原則保証でほぼ確実に増やせる預金」ということです。
定期預金では、預金に際し一定の期間払い戻しをしないことを条件に、普通預金よりも高い金利が設定されています。また預入期間中の元本が保証されています。ただしこのような条件のため、途中解約については途中解約用の金利適用になり、その場合も元本保証はされますが、一部のかなり申込時の条件のよい商品などは中途解約した場合に大幅な元本割れは発生する可能性もでてきまますので注意が必要です。

しかし最初に書いたように、原則元本保証であることと、急に現金が必要となり解約したいような場合でも、定期預金と担保とした自動借入の制度もありますので、かならずしも解約する必要がありませんので、あまり問題はないと言えるでしょう。

また預入期間も、1ヶ月から10年までの間で選択が可能です。預け入れ期間によっての金利優遇措置がとられているケースも多く、金利と預け入れ期間のバランスや、将来的に資金が必要になる時期(教育費等)を見据えて商品を選べるのも強みと言えます。

さらに元本保証について、金融機関が破綻・倒産した場合が心配されるかもしれませんが、定期預金は預金保護法により保護されてますので安心して大丈夫です(ただし保護の内容は、ペイオフの対象となる預金すべてを含め1000万円までの元本とその利息までです)。

いわゆる株式投資やFXといったハイリターンの商品に比べるとリターンは少ないですが、「元本がほぼ保証される」「ほぼ確実に増やせる」「リスクが低い」と言ったメリットがありますので、不安要素を少しでもなくして堅実に貯蓄をしたい人にはぴったりの投資手段といえるでしょう。

Copyright © Since 2011 賢くためる定期預金 All Rights Reserved.
サイトマップ免責事項