ハイリスクハイリターンの株やFX。定期預金とすみわけてより効果的な資産管理を。

株・FXとの違い

定期預金を株(証券)やFXと比較するとやはり一番の大きなところはそのリターンの大きさとリスクの大きさになります。よくTVやニュースなどで株やFXで大儲けといったものを見かけると思いますが、確かにその通りで、非常に大きなリターンの期待できる投資方法だと言えます。しかし一方で株やFXに関しては元本割れは日常茶飯事ともいえることで、短期間で大きな金額を失うリスクは常につきまといます。

また、株にしてもFXにしても短期的なリターンを求める場合は、常に市場や情勢を把握し素早い判断が必要になるため、そこにかかる時間も労力もかなりの物になります。株にしても、短期的なリターンではなく中長期的な視点で運用することで、リターンそのものは減るものの、リスクも減らすことが可能ですので、株やFXを行う場合はまずは株投資に慣れる。外貨そのものに慣れるといった目的でまずは余裕資金の一部を運用に回してみることをおすすめします。

ただし、先にも述べたようにリスクも高く、ペイオフ制度のような保証制度は一切なく全ては自己責任となりますので、先々を見据えた資金(教育費等々)については、定期預金をふくめた、他の金融商品に回したほうがよいと言えるでしょう。

Copyright © Since 2011 賢くためる定期預金 All Rights Reserved.
サイトマップ免責事項