定期預金で持っていかれる税金ってどれくらい?先に知って覚悟を決めよう!

賢くためる定期預金
賢くためる定期預金
定期預金にかかる税金

定期預金にかかる税金は基本的には利息に対して税金が発生します。
税率については、原則20%(国税15%、地方税5%)となっており、源泉分離課税として源泉徴収されます。

ただし遺族年金受給者や身体障害者手帳を持っている方については、元金350万円までの預金にかかる利息が非課税となるマル優と呼ばれる非課税制度がありますが、これらは特別な処理が必要になりますので、一般的にはネット銀行の定期預金では多くの場合取り扱っていないことが多いです。以前は高齢者の方もマル優の対象でしたが、現在は対象からは外れておりますので注意してください。

また通常の定期預金への税組とは異なりますが、生前の名義変更や名義人の死亡による口座の解約・相続については、贈与税や相続税の対象となるため、別途税金が発生します。後者の場合名義人が無くなった時点ですぐに解約することはできず相続の手続き等とあわせた形で支払い、解約手続きを行うことになります。

またこれらの手順は生前に名義人が「遺言」やそれに類するものを残していた場合などもそのケースによって変わってきますので、特に注意するようにしましょう。

Copyright © Since 2011 賢くためる定期預金 All Rights Reserved.
サイトマップ免責事項